2016年11月26日土曜日

関東学院大学ラグビー情報 日本大学戦なんとか勝つ

リーグ戦もいよいよ最終戦でした。
拓殖大学に敗れ大学選手権を逃した今季入れ替え戦なしで残留をかけた試合。

試合内容はほぼ負け試合で勝ちを拾ったとでも表現したら判りやすい。
リザーバーが活を入れたというんでしょうかね。
残り先発陣も息を吹き返した。

事前の予想では楽勝だったと思います。
日本大学は全く元気がない試合内容でした。
これまでのスコアを見て、決め手がないチームの典型だったと思う。
何故、カントーは苦労したのか?


前半開始からディフェンスが完璧に出来て守りながら陣を広げたこと。
スマートにトライを取れたこと。
これで舞い上がった。
平たく言えば、ナメた。

ここから防戦一方で思いがけずトライを奪われる。
チームは平常心を完璧に失う。

どうやらこうやら前半は同点で終わった。

後半、修正は出来なかった。
攻撃は雑で反則のオンパレード。
守っても、大雑把なキックで逆に自陣深くに蹴り返されピンチが続く。
リーグ戦で一番悪い出来の試合だった。


もしかしたら試合前からナメていたんだろうか。
精神年齢が幼稚園児並みのチームに成り下がったような気がした。
これからのことを考えると大学選手権に行けなくて当たり前だったということだろう。
まず、技術より精神力。
緊張で負のスパイラルから抜けられない、まだまだ課題の多いチームだと悟った。

少しよかったのは最後にコンバージョンキックを決めたこと。
最後の最後に集中力で決めたキックは救いだった。

チームはもっと精神的に成長しないと一部上位には程遠い。

video

至近のライバルたちですがやっぱり拓殖大学がちょっと抜けてるかなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿